2017年8月15日火曜日

栗祭りカスタニャーダ

バルセロナの日々(19)


 十月の半ばを過ぎたころ、私たちのアパートのすぐ前にあるケーキ屋さんに秋が来た。ショーウィンドーに木の葉や松ぼっくりが飾られ、松の実をあしらったお菓子が並んでいる。気づくと、ずっと半袖Tシャツで過ごしていた地元の子どもたちが、長袖を着るようになっていた。

 そんなある日、タイシとアキコが、学校からお便りをもらってきた。
「今年もカスタニャーダをします。アーモンドの粉百グラムと松の実五十グラムを持たせてください」
 カスタニャーダってなんだろう? アーモンドや松の実を何に使うんだろう?
 クラスメイトのおかあさんに聞いてみると、パナイェッツの材料だと言う。十一月一日の諸聖人の日につきもののお菓子らしい。
 うわー、楽しみー! 
 保育園では秋になると子どもたちが芋掘りに行き、園庭で焼き芋をしたものだった。カタルーニャでは、パナイェッツというわけか。幼児や低学年の子どもたちの園生活、学校生活が、季節にちなんだ行事で彩られるのは、どこも同じなんだなあと思った。
 ハルちゃんに話すと、カタルーニャでは諸聖人の日Dia de tots sants(「とっつぁんの日」と聞こえると、ハルちゃんはおもしろがった)に、カスタニャーダcastanyadaという栗のお祭りをするのだと教えてくれた。このお祭りに欠かせないのが、焼き栗やパナイェッツ、それからモスカテルという甘いデザートワインに焼いたサツマイモだ。アパート前のケーキ屋さんに並んでいた、松の実の「かのこ」のような焼き菓子が、そのパナイェッツだった。

 スペインのドライフルーツは多彩だ。市場に行くと、日本でもおなじみのレーズンやピーナッツ、干しプラム、干しアンズからナッツ類まで、何十種類とならんでいる。
 スペインらしいのは、ひまわりの種pipasとコーンkikos(うちのまわりの子どもたちはこう呼んでいたが、帰国してから話していたら、そこにいたスペイン人にそんな語は聞いたことがないと言われた。いつもひく西西辞典でひいてみたところ、商標名としてちゃんと「炒ったトウモロコシの実」という語釈があった)。コーンは、普通のとうもろこしをミックスナッツのジャイアントコーンのように加工したものだ。この二つは駄菓子の王様で、パン屋やキオスクで、二十ペセタくらいの小袋になったのもよく売っている。広場のベンチのまわりには、たいていこのひまわりの種の殻が散らばっている。
 アーモンドやヘーゼルナッツは、煎ったものと生のものがあって、つまみにもいいし、カタルーニャ料理ではソースの食材として多用される。クルミは、カリフォルニア産よりも小粒で黒っぽい、見た目は貧相なスペイン産のほうが味があり、値段も高い。
 私のいちばんのお気に入りは、干しいちじくと干しなつめやし。いちじくは、スペイン産のとトルコ産のがある。スペイン産のは、暗紫色の実のまわりに白っぽく粉をふいていて、中はむっちりねっちょりし、ほんのり甘く滋味がある。くるみといっしょに食べると、いっそう味がひきたつ。夜、口寂しいとき、一つ二つつまむのにちょうどよかった。
 なつめやしは、干し柿の赤ちゃんみたい。まわりがテラテラ光っているのと、ナトゥラルと呼ばれる自然のままのものがあって、やはり自然の甘さが心地よい。バレンシアやエルチェあたりに行くと、ヤシの木の下にぼとぼと落ちているらしい。
 それからマラガ産干しブドウ。近頃日本でもカリフォルニア産で見かけるようになった、種入りの少し大粒の干しブドウだ。種ごとゴリゴリとかみ砕いて食べつけると、やみつきになる。
 セラパレーラ市場にあるドライフルーツの量り売りの店で、私は、アーモンドの粉と松の実を買いこんだ。

 十一月一日は祝日なので、その前日、アキコとタイシは、松の実がかの子状についた少しいびつなパナリェッツが六つずつのった紙皿をささげもって、ニコニコ顔で学校から出てきた。タイシのには、包んだセロハンに、自分の名前を書いた栗の形のカードがはりつけてある。
 フアニ先生に言われたとおり、十分くらいオーブンで焼くと、香ばしい匂いが家じゅうに広がった。日本にいるときはよくケーキやらクッキーやら子どもたちに作っていたのに、スペインに着いてからは初めての手作りお菓子だった。なれないオーブンの焼きぐせを確かめながら、たまには好きなお菓子でも作ってやりたいなあと思いながら、焼きあがったパナイェッツをかじってみる。
 松の実独特のすっぱいような風味が、アーモンドを使った中だねの甘みと混じりあって、口いっぱいに広がる。ナッツ類が苦手なケンシとアキコはあまり好まなかったが、タイシは気に入ったようで、次々口にほうりこんだ。
「とっつぁん」の日、ハルちゃんと近所の酒屋でモスカテルを買い、ちびちびとなめた。こうして季節ごとに、スペインの、カタルーニャの新しい味を一つ一つ体でおぼえていくんだなあ、と一人感動しつつ、秋の夜はふけていった。

2017年7月15日土曜日

1日1日を穏やかに

近所の観音様のほおずき市に次男と行って買いました。
母と鳴らせるかな。

5月末に両親の引っ越しを決行してからひと月半。認知症のある老いた両親との時間を組み込んだ生活に、少しずつなじみつつあります。

場所をうつすと認知症は進みますよ――
さんざん忠告されたとおり、引越しのあと2、3週間は試練のときでした。無事なじんできたかと思ったら、「お母さん、どうしてここにいるのかわからないの」という電話がひっきりなしにかかってきたり、ここは自分のうちじゃないと、父が家のなかをぐるぐる歩いたり。ケアマネさんに相談しながら、介護の体制をととのえたりさまざまな手続きをしたりと、姉がかけずりまわってくれましたが、まだ課題がいくつも残っています。
また、父の体に異変があり、いやがる父を姉が病院に連れていくといくつか問題も見つかりました。

食べ方がわからなくなって、一口大でお皿に並べたおかずをおはしで口に運ぶしかできなかったり、生理的に気持ちがいいとにこにこしたりしている父は、子どもたちが赤ん坊のときとおんなじ。
最初はそれが辛かったけれど、今はふっきれてきた感じです。でも、できるだけ機嫌よくしていてくれたらと思う一方で、あまりにわかりが悪いとかりかりしてしまい、しんどくなるのも子育てと同じ。
子育て優先の20数年の後、ここ何年か、自分の時間を自分の都合だけでまわせる自由を満喫していましたが、しばらくはこちらにシフト。
昔の父は受け入れがたくて、大人になってからもどちらかというと敬遠してきたのですが、今の父はもう別人。こんな日が来るとは思っていませんでした。

昨日は次男の誕生日でした。子どもが生まれたとき、いつも手伝いに来てくれた母を思い出しましたが、昨日の母は、「今日はタイシの誕生日だよ」と言っても、「タイシくんってどの子だっけ」と聞き返しました。
なくなってしまったものを思って一抹の寂しさをいだきつつ、両親が困ったとか辛いとか思うことなく1日1日をしのぐことだけを考えています。


2017年5月7日日曜日

「としょかん通信」5月号付録 ぷらす・あるふぁ


全国学校図書館協議会(SLA)「としょかん通信」5月号付録の「ぷらす・あるふぁ」(小学生版)(中学生版)「世界に出会うブックトーク」のコーナーで、「乗り物と旅」をテーマにした本の紹介記事を書きました。
ご興味のある方は、「としょかん通信」を購読している図書館で探してみてください。

それぞれ4冊までと言われ、最近の作品と少し前のもの、フィクションとノンフィクションをとりまぜ、なるべくバラエティ豊かになるように、さんざん迷って選びました。

スペイン語圏にかかわる作品で、小学生版に、ルードヴィヒ・ベーメルマンス『きかんしゃ キト号』(ふしみみさを訳、BL出版、復刊したときに書名が変わりました)や、ジャネット・ウィンター『ろばのとしょかん コロンビアでほんとうにあったおはなし』(福本友美子、集英社)、中学生版に、エルネスト・ゲバラ『モーターサイクル・ダイアリーズ』(棚橋加奈江、角川文庫)も入れたかったのですが、今回は断念。

よかったら合わせてどうぞ!

2017年4月13日木曜日

『太陽と月の大地』ついに刊行!



『太陽と月の大地』
コンチャ・ロペス=ナルバエス作
宇野和美 訳
松本里美 画
福音館書店
本体価格1600円



「今、何訳してるの?」と聞かれて、ここ何年もタイトルを言い続けてきた本がついに出版されました! スペインで1980年代に書かれ、30年以上読み継がれてきた名作『太陽と月の大地』La tierra del Sol y la Lunaです。
 ちょっとした紹介文を、福音館書店のPR誌『あのね』4月号に書きました。福音館書店のサイトでも4月半ばには見られるそうですが、こちらのリンクでご覧ください。
 訳者がぐずぐずしているあいだに、松本さんがブログにもたくさん書いてくださっていて感謝です。

 出会ったのは、まだ翻訳の勉強も始めていなかった1988年、旅先のマドリード、グラン・ビアのCasa del Libro で、よく読まれているスペインの作家の児童書10冊を選んでもらったなかの1冊でした。それが、上の写真の左側の本。
 その後、ミランフ洋書店を始めた10年前に出ていた版が、右側の本です。

 表紙と挿画は松本里美さんの美しい銅版画です。
 この原画はなんと(!)、4月17日から30日まで銀座伊東屋のギャラリーで開催の松本さんの個展『ノクターンーNoctune for Jー』で全点見られるそうです。私も今から楽しみにしています。詳しくはこちらを。

 コンチャ・ロペス=ナルバエスは以前、『約束の丘』(行路社)という作品を訳しました。こちらは、15世紀に統一スペインができ、国外にユダヤ人が追放されたときの物語。今回のは、イスラム教徒を排除していく時代が描かれた、『約束の丘』と対になるような作品です。
「名前がややこしい」とよく言われますので、冒頭に主な登場人物の家系図と、舞台となったグラナダ付近の地図を入れてもらいました。

 図書館で、書店で、手に取っていただけたらうれしいです。

アルバイシンからのぞんだアルハンブラ宮殿(グラナダ)

アルハンブラ宮殿の内部

アルハンブラ宮殿からグラナダ市街を見おろして















2017年3月11日土曜日

メデジンより(図書館編)


『雨あがりのメデジン』に出てくるメトロカブレ
いつか行きたいと思っていたコロンビアのメデジンにとうとう行ってきました。
 メデジンに行くならぜひ「文学工房ジョルディ・シエラ・イ・ファブラ財団」のフアン・パブロを訪ねてみるようにと人にも勧められました。同財団は、2012年にIBBY朝日国際児童図書普及賞を受賞している団体です。IBBY世界大会での授賞式には私も立ち会っていたので、彼らのその後の活動も知りたく連絡をとりました。
 すると、3日間、自分たちが見るべきところを案内する、ついては図書館で翻訳について話さないかと提案され、EPM図書館でトークをすることになったのです。
財団事務所でIBBY朝日賞の賞状の横でスタッフのみなさんと。左端がフアン・パブロ。
『雨あがりのメデジン』に登場するのは、正確には図書館ではなく図書館公園でした。図書館公園とは、図書館と公民館が合体したような複合施設で、いわゆる公共図書館よりも大規模な施設を指すとのこと。図書館だけではなかなか人が集まらないので、ホール、展示室、集会室などでさまざまな活動を行い、地域の核にしていこうということのようです。市内には、9箇所(たぶん)の図書館公園があり、下の写真のベレン図書館公園は、東京大学の援助を受けて内藤廣氏が設計したそうで、日本の部屋もありました。
 児童室にいた司書さんは、Taller de letras財団の人たちが講師を務める大学の司書課程を出た女性。親子や子ども向けに熱心に活動しているようすを説明してくれました。
ベレン図書館公園入り口
ベレン図書館公園児童室
児童室にお母さんと来ていた男の子!

「児童文学翻訳の技」というトークの会場になったEPM図書館は、市庁舎前のルス広場の前にある逆ピラミッド型の建物。知識がだんだんと広がることを象徴的に表しているとのこと。メデジンの日本人コミュニティーでも情報がまわったようで、トークには大勢の参加があり、ありがたいことでした。
EPM図書館外観

 楽しみだったエスパーニャ図書館公園は、悲しいことに現在閉鎖中でした。急勾配の斜面に建てられた隕石のような建物ですが、地盤が弱って崩壊の危険があると、2015年の夏に閉鎖され、現在解体工事中。もう一度建てる予定ではあるそうです。
解体中のエスパーニャ図書館公園
  でも、この地域での図書館活動は、「バリオに公園をparque al barrio」として続いていました。午前から午後まで毎週決まった場所に80冊くらいの本を持っていって開く移動図書館や、おじいさん、おばあさんのお話のプロジェクトなど、これまで以上に活発な活動を図書館員11名が続けていると、下の写真のマリアンMarianさんが説明してくれました。『雨あがりのメデジン』の図書館員のモデルかしらと思ってしまいました。
エスパーニャ図書館公園の図書館員マリアンさんと

「バリオに公園をParque al barrio」については、こちらのビデオも合わせてどうぞ(スペイン語)。





 

2017年2月17日金曜日

ときには生徒に


「荻内勝之先生と読む『ドン・キホーテ』」の授業を、先週からとりはじめました。
 
 おとといの授業で「へえ~」と思ったのはsuerteという語。登場するbachiller がYa que así lo ha querido mi suerte. 「私の運がそう望んだから」と言う場面です。
「カトリックの信者がsuerteという言葉を言い放つところにおかしさがあるんです。信者は、何事も神の思し召しと考えるでしょう。教皇は、決してsuerte という語は口にしないはずですよ」と指南されました。
 こうやって接続法過去完了で言うのはおごそかな感じですねとか、この語は「おとなしい」というだけでなく、いざとなったら何をするかわからない感じがありますねとか、奥行きのある解説です。

『ドン・キホーテ』の原文に触れるのは大学の授業以来ですが、気楽でのびのび、楽しくてしかたありません。予習ができていなくても、わからない箇所が残っていても、教えてもらう側だからニコニコ。生徒になるのも時にはいいな。
 
 セルバンテスの時代、マドリードのこのへんは肉屋やパン屋があったなど、さまざまな雑学もとびだして、とても豊かな時間です。

 ただいまクラスメイト募集中です。大学の外でこういう授業はなかなかないですよ。初級レベルの方でも、読んでみたいという気持ちがあればOK。

 詳細はこちら
 荻内先生がマドリードにお出かけになっていない期間に限ってなので、開講日は問い合わせてください。読み終わるまで続くはず(!)です。


 

2017年2月11日土曜日

ポール・ジンデル『高校二年の四月に』(講談社) ヤングアダルト文学との出会い

 

 ヤングアダルトという言葉も知らなかった高校1年のとき、高校の図書館にあったこの本を偶然手にとりました。「ああ、もっとこんな本が読みたい!」と思ったのを鮮明に覚えています。
 子どもでもなければ大人でもない、自分と同じくらいの年齢の等身大の主人公たちの心理がこまやかに描かれている本に触れたのは初めてでとても新鮮だったのです。ヤングアダルトとの出会いでした。
 世界文学や日本文学も読んでいましたが、子どもではないけれどまだ大人にはなっていない当時のモヤモヤした自分の胸にピッと突き刺さりました。

 タイトルも読んだこともすっかり忘れていたのですが、何年か前に、あれは何という本だっただろうと思い出しました。「高校2年」「4月」というキーワードのほかに、なぜか「平井イサク」という訳者名を覚えていたのは、当時から翻訳者を意識していたからか。
 ところが再読しようにも地域の図書館にはどこにもなく、あるのは国会図書館だけ。いつか行こうと思いながら数年が過ぎ、一昨日、ようやく読めました。
 ああ、こういう本だったんだと、改めて楽しみました。二人の高校生が、あてずっぽうに電話をかけてなるべく長く会話を続けるという退屈しのぎの遊びでおじいさんと出会い、交流するようになる話です。あたりまえに両親がいるのではない家庭環境や一人住まいの老人が描かれていて、古い部分もありますが1968年に書かれた本とは思えない新しさもあり、米国のヤングアダルトの歴史を感じました。

 10代の読者に、「中高校生ならこれも楽しめるよ」と一般読者対象の文学を勧めることもできますが、背伸びは必要だけど、そんなに急がなくてもいいのになとも思います。
 いいヤングアダルト文学は、いつまでも子どもがいいよねということだけではなくて、大人もきちんと描いて、大人になってこれからも続く人生に踏み出すことをそっと後押ししてくれるものだから。
 10代だからこそ心に残る体験を持てる本がまだまだあるんじゃないかな、そういう本を、もっともっと紹介していきたいなと思うのです。