2018年3月22日木曜日

『もしぼくが本だったら』♪



『もしぼくが本だったら』
ジョゼ・ジョルジェ・レトリア文
アンドレ・レトリア絵
アノニマ・スタジオ
本体価格1800円
「もしぼくが本だったら……」ではじまる、詩的な文章と現代的なイラストレーションが魅力の、ポルトガル生まれの絵本。広い世界で心が迷子になったときにそっと私たちに寄り添って、新たな道やヒントをくれる「本」の力をあらためて感じる一冊です。 (アノニマ・スタジオHPより)
『はしれ! カボチャ』(エバ・メフト文、宇野和美訳、小学館)で、大きなカボチャと、網タイツに赤いハイヒールの元気なおばあちゃんの絵を描いたポルトガルのイラストレーター、アンドレ・レトリアさんの2冊目の翻訳絵本です。
(保育士をしている友人は、敬老の日の頃、おじいちゃん、おばあちゃんが園に来るときに、いつもこの『はしれ!カボチャ』を読み、「いつまでもこんなすてきなおばあちゃんでいてくださいね」と、しめくくるそうです。子どもも大人も大喜びするすてきな絵本だと言ってくれます。もう10冊以上売ったよ、とのこと。ありがたやー)

 バルセロナの書店で、レトリアさんの名前を見てこの本のスペイン語版を手にとったとき、オリジナルがポルトガル語だったので買おうかどうしようか、ちょっと迷いました。だけど、感じのよさそうな本だったので、ゆっくり見たくて買って帰ったのが、たぶん2年前の秋。でも、ポルトガル語だしね、詩だしね、と積極的に売り込んだわけではなかったのですが、偶然が重なり、翻訳をさせてもらえることになりました。
 ポルトガル語の翻訳家の知人の手前、申し訳なさもありますが……すてきな絵本になってうれしい。
 本好きの方へのプレゼントにもどうぞ!

 おもしろいのは、読む人によって引用するページが違うこと。この言葉が好き、この絵が好きと、言われるとうれしくなります。
 文を書くのが好きな人、絵を描くのが好きな人がそれぞれ、自分の「もしぼくが本だったら」「もしわたしが本だったら」をつくっても楽しそう。

 この本の刊行が決まるなり、代官山蔦屋書店の児童書コンシェルジュ山脇さんが、トークショーを企画してくださいました。昨年『太陽と月の大地』(福音館書店)が出たときから、いつかイベントを、と声をかけていただいていたのが、今回ようやく実現しました。『マルコとパパ』のときの投稿と重複しますが、再度ご案内します。
 
◆3月24日(土)19:00~
代官山えほんのはなし
『マルコとパパ』(偕成社)『もしぼくが本だったら』(アノニマ・スタジオ)刊行記念
「父と子」について語る 
@代官山蔦屋書店 1号館2Fイベントスペース
参加費:1000円
→イベントお知らせページはこちら
「父と子」により本となった、今回刊行の2冊についてはもちろん、翻訳をするようになったきっかけ、これまで訳してきた本のこと、子連れ留学のこと、マイナー言語の翻訳者のサバイバル、子どもの本・スペイン語圏の本への思いなど、いろいろお話する予定です。
 当日とびこみでも大丈夫そうなので、どうぞいらしてください。

2018年3月14日水曜日

『マルコとパパ ダウン症のあるむすことぼくのスケッチブック』刊行!



『マルコとパパ ダウン症のあるむすことぼくのスケッチブック』
グスティ作
偕成社
本体価格 2800円 →偕成社HP
 ダウン症のある息子マルコとの関係を、ラテンアメリカ出身のイラストレーター・グスティが、父親の視点から、かざらない言葉と、ユーモアあふれるイラストで誠実に描きだした作品。
最初は受け入れられず、困惑するだけだった自分のこと、家族や周りの人たちの言葉、ありのままのマルコを愛するようになったこと、マルコのお気に入りの遊びやさりげない日常の一コマ、そしてマルコをはじめ障害のある子ども・人々と共に生きることの意味が、シンプルな言葉と、見るものの心をつかむイラストレーションで綴られる。(偕成社HPより)
ここ2年取り組んできた『マルコとパパ』が、とうとう刊行されました。

 この本との出会いは、2014年、メキシコシティで開催されたIBBY(国際児童図書評議会)の世界大会。インクルージョンのパネルディスカッションで、グスティがこの本について話すのを聞いたときでした。
 
 グスティはアルゼンチン出身で、長くスペインで活躍しているイラストレーターです。挿絵の仕事などを入れると、たぶん100点以上の本を手掛けています。日本語に翻訳されている作品もあります。たとえば、こちらのコラージュの作品『ハエくん』(フレーベル館、絶版)。オチは奇想天外です(知りたい方はぜひ図書館へ!)。
 

 とても絵のうまい人、という印象しかなかったのですが、その時はじめて、グスティにダウン症のあるお子さんがいるのを知りました。

 そして、とりよせた原書を偕成社の編集者Sさんにお見せしたのはたぶん3年前。145ページ、オールカラーというとんでもない企画をやろうと言ってくれたSさんの勇気がなければ、できなかった本です。
 さらに、もともと手描き文字が中心の原作を、手描きのあたたかさを残しつつも、読みやすい日本語版に変身させてくれたのは、デザイナーの鳥井さんのお力でした。日本ダウン症協会の方に、ゲラの段階でていねいに読んでいただいたのも、この本にとってなくてはならないことでした。
 まさに「愛」のこもった、こうしたプロセスに支えられてできた本です。
 ありがとうございました!

 3月20日と3月24日には、次のイベントが予定されています。
 出版の裏話など、できあがるまでのことをいろいろお話しますので、どうぞいらしてください。

◆3月20日(火)18:30~20:00(終了後サイン会)
世界ダウン症の日記念トークイベント
『マルコとパパ』と『弟は僕のヒーロー』が教えてくれること
@ブックハウスカフェ(東京都千代田区神田神保町2-5 北沢ビル1F)
参加費:1500円 
→イベントお知らせページはこちら
 イタリア語の翻訳家関口英子さんとご一緒に、それぞれの作品のビデオも見ながら、障害を扱った作品のイタリアやスペインの出版事情、翻訳のことなど、お話します。

◆3月24日(土)19:00~
代官山えほんのはなし
『マルコとパパ』(偕成社)『もしぼくが本だったら』(アノニマ・スタジオ)刊行記念
「父と子」について語る 
@代官山蔦屋書店 1号館2Fイベントスペース
参加費:1000円
→イベントお知らせページはこちら
 3月に出た絵本とともに、コンシェルジュの山脇さんのご案内でお話します。これまでの翻訳の仕事のことはもちろん、子連れ留学のこと、マイナー言語の翻訳者のサバイバルにも触れるかも。

 2月27日には、駒込のBOOKS青いカバで、デザイナーの鳥井和昌さんと一緒に「日本版『マルコとパパ』ができるまで 翻訳とデザインと」というトークをさせていただきました。
 このイベントについては、以下をご覧ください。
 駒込のギャラリーときの忘れものブログ 小国貴司のエッセイ「かけだし本屋・駒込日記」第8回
 偕成社イベントレポート
 
 出版されたら、本は独り歩きしていくものですが、ひとつだけ弁護したい点があります。
 この本について、「子どもの本と言えないのでは?」という意見も聞こえてくるのですが、私としては、やはり子どもたちに読んでほしいと思って翻訳しました。小学校中学年の読者にも届くような訳文を心がけたつもりです。
 父親の視点で書かれていますが、グスティの「ふつうって、いったいなんだろう。障害って、なんだろう」という問いかけは、この本を通して子どもの読者も考えていくでしょう。お兄ちゃんのテオの姿は、セシリア・スドベドリ『わたしたちのトビアス』(山内清子訳、偕成社)を思いださせます。
 だから、大人も子どもも手にとってくれるといいなと思っています。

2018年3月5日月曜日

え、これ出たの! スペインの児童文学2点



最近2作続けて、スペイン児童文学の古典とも言うべき作品が翻訳出版されました。

『灰色の服のおじさん』El hombrecito vestido de gris
フェルナンド・アロンソ著/ウリセス・ウェンセル絵/轟 志津香
小学館

『ゆかいなセリア』Celia, lo que dice
エレーナ・フォルトゥン著/西村 英一郎・西村 よう子訳
彩流社

『灰色の服のおじさん』は、1978年にアルファグアラ社から刊行された、8編のお話からなる短編集です。中の1編を私も2007年に『おおきなポケット』(福音館書店)という雑誌で訳しました。佐々木マキさんの絵がとってもすてきだったので、その後、8編全部を収めて幼年読み物として同社で出せないかと提案しましたが、かないませんでした。

自由や人間らしさを脅かすものへの批判をこめつつ、声高にならず静かに語った物語は、派手さはありませんが、じんわりと胸に迫ります。最初はとっつきにくいかもしれませんが、1編の一部でも朗読すると、子どもも手にとってくれるでしょうか。

文章がとても美しいので、もう10年以上、通信添削の教材として使ってきた作品でもあります。アルファグアラ社の並製版は5、6年前に絶版になりましたが、現在はカランドラカ社の上製本が出ています。教材の本が絶版になっては困ると思って買い込んだので、ミランフ洋書店にはまだアルファグアラ版の在庫があります。復刊はうれしいけれど、作りがりっぱになったぶん値段が高くなるのは最近よくある苦々しい傾向です。

そんなわけで、翻訳出版されたと知ったときは呆然となり、一晩、仕事が手につきませんでした。でも、こういう本が出るのは喜ぶべきことですね。

『ゆかいなセリア』は、1928年から当時大流行した児童雑誌に連載され、スペインの子どもたちをとりこにした古典です。

夫が作家で、マドリードで文壇カフェに通い、文人との交友もあったフォルトゥンは、明るく、機知に富んだ女性で、「そんなにおもしろいことがあるなら、ぜひ本にしなさいよ」と、女友だちから書くことをしきりにすすめられて書き始めたといいます。セリアの物語はシリーズ化し、フォルトゥンが内戦中に亡命した後も続きましたが、フランコ体制のあいだに、作品はすべて抹殺されてしまいました。ようやくアリアンサ社で最初の数冊が復刊されたのは1992年のこと。その新版には、カルメン・マルティン=ガイテの熱いプロローグがついています。

お話は、7歳の女の子の一人称の語りで展開します。雑誌連載がもとになっているため、小さなエピソードが並んでいます。子どもらしいまっすぐな目線で大人の現実のおかしさをとらえるセリアは、無邪気ですが、たくましくしたたかです。子どもらしい発想の行動から思わぬ騒動を巻き起こすセリアに、読者は大笑いしたり、大丈夫かなと気をもんだり、やっぱり叱られたよと思ったり……。そういうところが子どもの共感を呼んだのでしょう。そこには、フォルトゥンの社会を見る確かな目も感じられます。

もともと7、8歳以上の子どもたちが楽しんだ作品なので、日本版は表紙はかわいらしいけれど、本の作りや訳が大人っぽいのがちょっと残念。

読み物の企画を、私もなんとかとりつけたくなりました。がんばろう。

2018年3月4日日曜日

『動物たちは、冒険家!』2018年1月刊


『動物たちは、冒険家! 地球を旅する生きものたちの不思議』
文:キム・トマス
絵:フリオ・アントニオ・ブラスコ
河出書房新社

ウミガメのひとり旅は、大西洋を12000km!? アフリカの砂漠、北極に南極、熱帯雨林……命の危険をかえりみず、地球をダイナミックに横断する動物たちといっしょに旅に出よう!
(河出書房新社HPより)

『動物たちは、お医者さん!』『動物たちは、建築家!』との3冊シリーズのうちの1冊。版元さんから声をかけていただいて翻訳するのは5年ぶり(!)だったので、科学絵本と聞くも二つ返事で引き受けました。

見開きで1つ、14の生き物が登場します。アカウミガメ、キョクアジサシ、オオカバマダラ、アフリカゾウ、ストローオオコウモリ、サバクトビバッタなど、昆虫から爬虫類、哺乳類、鳥類など、とりあげられているものはさまざま。
右ページに10センチほどの折り返しがあるデザインもしゃれています。めくって楽しい本です。

専門的なことばも出てきますが、全体として3、4年生からストレスなく読める表現になるように心がけました。
手にとっていただけたらうれしいです。


2017年12月17日日曜日

お別れ

火葬場から帰る車から見えた夕景色

 火曜の夜、正確には12月13日未明、父が85歳で永眠しました。肝臓と心臓に重篤な疾患をかかえて10月半ばに感染症で入院し、その後、一時は回復に向かったように見えましたが、そうはいきませんでした。最後は見るのが辛くなるほど苦しそうだったので、やっと楽になったね、という思いです。

 子どもの頃、父のことは怖いばかりで、思春期には反発を感じ、はやく自立したいと思い続けていました。毎晩、家でべろべろになるまでお酒を飲み、飲むと愚痴が始まり、独断と偏見に満ちた意見をまくしたてるということを、ここ30~40年続けていました。それでも、定年まで同じ会社で勤めあげ、家族を養い、子どもを学校に行かせ、退職後は好きなギターを買ったり、母とふたりドライブ旅行に行ったり、悠々自適に暮らしてきたのですから、大往生でした。

 それに、もしかすると、翻訳をしているのは父の血なのかも、と思っています。
 父が若いころ、母が読むようにとドイツ語の短編を訳したという、端正なブルーブラックのペン書きの原稿を、母に見せてもらったことがあります。理工系だったのに。
 おれの血をひいて、と思ったことはあったのかな。

 ここ2年間は認知症があったので、私が苦手だった父は、もうそこにいない感じでしたから、実際は長いお別れでした。
 さようなら、お父さん。ありがとう。

2017年10月23日月曜日

はじめの8冊 

本をさがしに(1)



 先日、ある編集者から「本や出版社のことも、書き残しておくといいですよ」と勧められた。そういうことを言われたのは初めてだったのでびっくりしたが、覚えていることを落穂ひろいのように書いてみるのもいいかなと思いはじめた。
 そんなわけで、「本をさがしに」というカテゴリーを作った。思いつくまま、これまで私が見てきたスペイン語圏の本のこと、出版社のことなど、本をめぐることを書いていきたい。
* * * * *

 本気で翻訳に取り組もうと決心したころ、何をやったら翻訳者になれるのだろうとヒントを求めて、翻訳学校の児童文学お試しクラスというのに出たことがある。英語で学ぶのはワンクッションあるので、学校に通うには至らなかったが、そのクラスで活躍中の翻訳家であった講師に言われた一言が心に残った。
「翻訳家は情報を持つことも大切。翻訳するだけでなく、本の情報を集めなさい」という言葉だ。

 その後私は、何かおもしろい本がないかと、いつでもどこでもスペイン語の本をさがし求めるようになった。しかし、私が最初にスペイン語の児童書を手にしたのは、それより3、4年前のことだった。1988年、まだ福武書店(現、ベネッセコーポレーション)で辞典の編集をしていたときだ。
 いつか翻訳の仕事をしたいと思っていた私は、どういう分野からなら、スペイン語で出版翻訳の世界に入れるだろうかと考え、児童書はどうだろうかと思いついた。その時点では、自分が子どもの頃に読んで楽しかったというぼんやりとした思い出しかなかったのだが、じゃあ、どんな子どもの本があるのだろうと、旅行を利用して本を買ってきたのだ。

 スペインへに行ったはそれが2度目だった。知っている書店は、学生時代に初めて旅行したときに恩師に教えてもらった、グランビア大通りにあるカサ・デル・リブロ(本の家、Casa del Libro)だけ。インターネットはなく、旅行ガイドや口コミ情報が頼りの時代だ。ほかの書店など知る由もなく、その時も向かったのはカサ・デル・リブロだった。
 
 書店に着くと、児童書売り場をさがし、そこで「スペインの子どもたちに読まれている、スペインの作家の本を10冊ほど選んでくれないか」と店員さんに頼んだ。はなはだ頼りないスペイン語だったけれど、たぶん通じたと思う。

 記憶を頼りに、その時買った本をかきあつめてみた。

Joan Manuel Gisbert, El misterio de la Isla de Tökland
ジョアン・マヌエル・ジズベルト『トークランド島の謎』
Concha López Narváez, La tierra del Sol y la Luna
コンチャ・ロペス=ナルバエス『太陽と月の大地』
Juan Farias, Algunos niños, tres perros y más cosas
フアン・ファリアス『子どもたち、犬3びきと、その他いろいろ』
Fernando Alonso, El bosque de piedra
フェルナンド・アロンソ『石の森』
Antoniorrobles, Cuentos de las cosas que hablan
アントニオロブレス『話をするものたちのお話』
Fernán Caballero, Cuentos de Encantamiento
フェルナン・カバリェーロ『おとぎ話集』
Juan Ramón Jiménez, Canta, pájaro lejano
フアン・ラモン・ヒメネス『うたえ、とおくの鳥よ』(詩集)
Maria Gripe, Los hijos del vidriero
マリア・グリーペ 『忘れ川をこえた子どもたち』  
 
 ずっと「はじめの10冊」と記憶していたけれど、8冊だったのか! 今となっては確かめようがない。
 しかも、最後のマリア・グリーペは、スペインではなくスウェーデンの国際アンデルセン賞作家だから笑ってしまう。店員さんも、スペイン人だと思いこんでいたのだろう。
ヒメネスの詩集の値段は350ペセタ。

 これらを読んで私は、スペインにもおもしろい児童文学がありそうだ、児童文学の翻訳をやってみようと決心した。しかも、その後も何かと、この8冊には世話になった。
『太陽と月の大地』は、今年、30年近い時を経て福音館書店で翻訳出版した。ジズベルトは私の翻訳デビュー作の作家だ。フアン・ファリアス、フェルナンド・アロンソはほかの作品だが、その後翻訳する機会を得た。
 昨年刊行した『名作短編で学ぶスペイン語』に収録したフェルナン・カバリェーロの1編も、このとき買ってきた本から選んだし、数年前、NHKのラジオ講座のテキストでLeer y cantar というコーナーを担当したとき、この詩集にあったヒメネスのヒナゲシの詩を載せた。

 マリア・グリーペの本以外は、みなエスパサ-カルペEspasa-Calpe という出版社のアウストラル・フベニルAustral Juvenil というシリーズだ。
 これは、歴史ある文芸出版社エスパサ・カルペが1981年に刊行を開始した子ども向けのシリーズで、1995年まで159タイトルを名編集者フェリシダー・オルキンFelicidad Orquín が担当した。
『ハックルベリー・フィンの冒険』、『灰色の畑と緑の畑』、ドリトル先生シリーズなど海外の作品も充実し、民主化した新しい時代のスペインで、最初の本格的児童文学シリーズとして親しまれた。
 私が本さがしの旅を始めた1994年、1997年にも、書店にはこのシリーズがずらっと並んでいた。

 その後、エスパサ-カルペはプラネタPlaneta グループに吸収された。エスパサレクトールEspasalector にインプリントを変えながら、これらの1980年代の本はしばらくの間は生き残っていたが、今は残念なことにほとんどの作品が姿を消してしまった。

 11×17センチというこぶりの並製で、中は白黒という質素なつくりだが、1点1点ていねいに挿絵が入っている、子どもと本への愛情がにじみ出たシリーズだった。
 
 あのとき、このシリーズの本に出会えたのは本当に幸運だったと思う。

2017年9月30日土曜日

補習校に行こう!

バルセロナの日々(21)


 小学校がはじまって1ヶ月。子どもたちのストレスは、日ましにふくらんでいった。
 ちんぷんかんぷんの言葉の中で、身振りや表情、数字や教科書の挿し絵など、わかるきっかけを探しながら毎日九時から五時までしのいでいるのだから無理もない。辛いだろうと思ったけれど、「辛いでしょう。ごめんね」とは、口にできなかった。言っても状況は変えられない。クレンフォルをやめさせるわけにはいかない。子どもが学校に行ってくれないと私は大学に行けず、スペインに来た意味がなくなってしまう。愚痴や弱音をききだしたら、きりがなくなりそうでこわかった。最初から無理は承知だったのだ。気の遠くなりそうに長いトンネルをいく気分だったけれど、後戻りはできない。いつかは外に出ると信じたかった。
 それにしても、子どもたちの負担を少しでも軽くしてやることはできないだろうか。

 10月半ば、やっぱり調べてみようと決心したのは補習校のことだった。
 海外の日本人学校には、土曜日、ウィークデーの学校と別の形で、日本人の子どもが集まるクラスがあるというのをきいたことがあった。バルセロナの日本人学校にも、そういうのがあるかもしれない。通わせられるかわからないけれど、ともかく調べてみよう。
 領事館で日本人学校の電話番号をきき、土曜日のクラスのことをたずねた。学校とはまったく別組織だが、日本人学校の校舎を使って土曜日にやっている補習校というのが確かにあるという。日本人学校は、私たちが住んでいるサルダニョーラの隣町、サンクガットにあった。
 問い合わせ先として教えてもらったのは、リコさんの電話番号だった。大学のあるベリャテラに住んでいるというリコさんは事情を話すと、「ともかく一度見にきたら?」とさそってくれた。「足がないなら、うちの車でのせてってあげるわよ」と言う。電話をしただけで、いきなり好意に甘えていいのだろうか。一瞬迷ったものの、場所もわからない日本人学校に1人では行けそうにない。この際、お願いしてしまえ。そんなわけで、翌々日の土曜日にさっそく見学することになった。

 土曜日、子どもたちは興奮ぎみだった。どういうことかよくわからないけれど、日本人、それも、ひょっとしたら自分と同じような年の子に会えるかもしれないというのだから無理もない。でも、ぬか喜びに終わったらかわいそうだ。「通えるかどうか、行ってみないとわからないんだからね」と、私は念を押した。
 リコさんにベリャテラの駅で拾ってもらうと、十分足らずで小高い丘の上にある日本人学校に着いた。手前にヒューレットパッカードの工場があるが、学校のまわりは広々とした草地だ。子どもを乗せた車が、次々と到着する。
「おはよう。元気?」
 日本語のあいさつがとびかう。それだけで、みるみるケンシたちの緊張がほどけていくのがわかった。

 補習校では、幼稚園の年中から中学生までの子どもたちが、国語を中心に、毎週土曜日3時間の授業を受けていた。保護者の手による自主運営の塾のようなものだ。
 子どもの大半は、日本人とスペイン人の国際婚ペアの子どもだった。ふだんから日本人の親と日本語で会話している子もいれば、そうでない子もいる。日本人学校は幼稚園がないので、就学前の子どもを連れてきている両親とも日本人の赴任家族もいたが、どっぷりと日本で育ってきた小学生は少数派だった。

 学校の概要やしくみなどは、一回説明をきいただけではよくわからないこともあったけれど、その日が終わったとき、ともかく通わせてみようと決心していた。
 というのも、子どもたちのそんなくつろいだ表情を見るのは久しぶりだった。思った以上に現地育ちの子が多く、子ども同士のコミュニケーションの意味では正直やや物足りない気がした。でも、何十人かの日本人が集まる環境の中で、子どもたちは、毎日の生活では見せない、穏やかな顔を見せた。
 通学は心配だったけれど、行き帰りタクシーでも通えないことはない。出費はかさむが、背に腹はかえられない。こういう場があるのを知った以上、通わせないわけにいかないではないか。
「困ったことがあればなんでも言ってくださいね。みんなが助けてくれるから大丈夫」という委員長のIさんの言葉にささえられて、土曜日の補習校通いがはじまった。

 でも、補習校で救われたのは、子どもたちではなく、実は私だった。
「ようやるわ、と思ってたよ」
と、そのあとさんざん世話になった、同じ町に住むクルコさんがあとで言っていた。
 私たちの事情を話すと、現地生活の長い日本人の保護者たちはびっくりし、その後、数え切れないほどの場面で手をさしだしてくれたからだ。この親同士のつきあいについては、思い出すたび胸がキュンとなるのだが、またあとであらためて触れたいと思う。